賃貸でメリットを感じたストーリーとは

私の実際の体験を元にした、新築賃貸物件を借りる際の注意点をお教えします。いいことばかりではありません!

賃貸でメリットを感じたストーリーとは

新築賃貸物件を借りるときの注意点

新築のきれいなお部屋は設備も充実しており賃貸物件探しをしていると必ず目に留まるものですよね。水回りのきれいさ、害虫発生の可能性の低さなど、新築物件ならではのメリットはたくさんあります。しかしいいところだけではないのです。実際に新築物件に住んだことのある私の経験を踏まえ、新築物件を選ぶ際のデメリットと注意点をご紹介します。

まず第一に一般的な流れでの内見ができないところです。入居の募集がかかるのは当然物件の工事中です。不動産屋さんでは間取りしか確実に見れるものはありません。運がいいと室内と外装の完成予想図や同じタイプの別物件の写真などが容易されている場合もあります。ではいつ内見ができるのかというと、これも場合によるかもしれませんが、私の経験では内見用に先に内装まで完成させた1部屋だけを見せてもらうことになりました。ですがここまで保留にしておこうと思っても、人気の新築物件はすぐに埋まってしまうのです。なので内見前に仮申込をして内見解禁日を待つことになります。もちろんこれで気に入らなければ申込金は戻ってきますが、せっかく待ったのにまた1からの物件探しとなり時間の無駄となってしまいます…。

そして住んでみるともちろんきれいで快適ですが、ついた汚れや傷は100%自分たちのせいになると思うと色々と気をつかうことが多かったです。古い物件だと最初から多少の痛みがあるものなので、その点は絶対に気が楽ですよね…。そうは言ってもやはりピカピカのお部屋での新生活は気持ちのいいものです。イレギュラーが多いのは主に契約時なので戸惑うことはあるかもしれませんが、乗り越えてしまえば生活は本当に快適になりますよ!

Copyright (C)2018賃貸でメリットを感じたストーリーとは.All rights reserved.