賃貸でメリットを感じたストーリーとは

新築の賃貸は誰も使っていないので汚れなどなさそうですが、まれについていることがあり、入居時に確認をします。

賃貸でメリットを感じたストーリーとは

新築の賃貸でも汚れや傷の確認をする

新しい商品を買えば当然誰かが使っているわけではありません。まさに自分が初めて手にとるような状態です。もし5年ぐらい使えるものなら5年、それ以上使うことができるでしょう。しかし、全てがそうとは限りません。初期不良のものが混じっていることがあります。使い始めて不具合が生じたりするのです。ものを作る過程においてはどうしても発生してしまうものです。そのために保証期間を設けていることがあります。無償で対応してくれます。

賃貸物件といいますと、多くは誰かが使ったあとを使用することになります。それなりに傷があったり、汚れがあったりします。そのチェックをすることがあります。では新築であればどうかです。誰も使っていないのですから、きれいで傷もないと思いがちです。多くの物件ではそうなのですが、まれに傷などが発生していることがあります。工事のときにできて、その後にチェックが漏れていたのかもしれません。この場合、退去時に誰が傷をつけたかになります。

自分自身でつけた記憶がなくても、新築ですから自分しかいないと思うでしょう。原状回復費用を負担するかもしれません。新築においても、一応傷やよごれのチェックを行うようにします。見つけたら写真を撮っておくなどします。

Copyright (C)2018賃貸でメリットを感じたストーリーとは.All rights reserved.