賃貸でメリットを感じたストーリーとは

賃貸物件を探す際には、面倒ですが十分な下見や相談のうえで、よく検討してから決めるようにお勧めします。

賃貸でメリットを感じたストーリーとは

賃貸物件を探す時には

一人暮らしなどを始めるにあたっては、まず住む部屋を探すことになります。最近ではシェアハウスなども選択肢の一つとして有名になりつつありますが、1人でアパートやマンションなどを借りて住む際には、賃貸物件を探してお部屋を選ばないといけません。お部屋探しはなかなか難しいですが、私の経験談などをもとに、賃貸物件を選ぶときにチェックするポイントなどを挙げていきたいと思います。

まず、物件のお部屋の状態です。賃貸物件の検索サイトなどを観ると、お部屋の中の写真まで詳細に調べることができますが、特に「現状優先」と強調されている場合などは、お部屋が改修中であったりするなど、現在の物件の状態が反映されていない場合があります。写真で見ていいなと思っても、必ず問い合わせて、実際に内覧を行い、現状を見てから決定することをお勧めします。

もう一つ重要になるのが、家賃や敷金、礼金などのお金の部分です。最近では「敷金・礼金がゼロ」とうたわれる物件も増えてきましたが、初期費用が掛からない分、家賃が高めに設定されていたりすることもあるそうです。また、高齢化の影響などを受けて、最近は、賃貸を取り扱う住宅会社等が保証を代行する「保証人不要(代行)」のプランもよく見られるようになりました。ただしこの場合「保証金」として別途お金がかかることがあります。また、その他にも住宅に義務付けられる火災保険などに加入する必要があったり、車を持っている場合は別途で駐車場料金が必要になる場合もあります。物件ごとにかかる費用が全く異なるため、十分に確認し、実際にどれくらいお金がかかってくるかを、きちんと把握してから契約するようにおすすめします。

Copyright (C)2018賃貸でメリットを感じたストーリーとは.All rights reserved.