賃貸でメリットを感じたストーリーとは

賃貸物件を購入する場合に、その新築物件の環境などのを現場で調べるということを書いてみました。

賃貸でメリットを感じたストーリーとは

賃貸経営と新築物件と現場

新築物件もすべて見ることができるならば、それもいいかもしれませんが、時間的にその余裕は、サラリーマンなどでは難しいのではないかと思います。自宅の購入のために住宅ローンで新築の物件を購入する時にも、条件の中から絞り込んで選んでいきますが、賃貸経営での新築物件の選び方の場合にも購入できる条件を絞ることが大切で、目を肥やすために、いろいろな物件を見て廻るというのも時間があれば良いでしょうが、そうでない場合には、今自分が投資できる物件のゾーンを見て廻るのが良いように思います。また中には理論的な人がいて、批評家のようなことばかりで現場を見に行かないような人もいますが、やはり現場が一番その物件を物語っていますので、まだ建物ができていない前だったとしても、そのまわりが住みやすいところかどうかも調べておく必要もあります。

現場主義が、やはり一番その物件を理解できるのではないかと思います。そうすると新しい気づきも出てきたりします。また、ただふらふら歩くだけではなく、今ではインターネットなどでいくらでも周りの状況を地図などで見られるので、ポイントを決めて駅までの時間を測ってみるとか、交通機関を利用してみるとか、スーパー等や学校などに行ってみるとか、いろいろ考えて時間も工夫して調べる癖をつけておくのが良いのではないかと思います。

Copyright (C)2018賃貸でメリットを感じたストーリーとは.All rights reserved.