賃貸でメリットを感じたストーリーとは

不動産投資での賃貸経営での初心者や素人の注意点や、その他の管理や入居者の事などを書いてみました。

賃貸でメリットを感じたストーリーとは

賃貸経営と新築物件のポイント

不動産投資や賃貸経営にかぎらず、ビジネスでは商品を安く仕入れて、それを高く売れば利益が出るということですが、聞いてみるととても簡単なように思いますが、自分で実行してみると、それがなかなかうまくいきません。実際にやってみると、どの分野にでも共通して言えるのは、初心者や素人は、高く買って、安く売ってしまい、損失を出して撤退するということでしょう。それは業者が悪いとか、相談相手が悪いとか、営業マンが悪いとか、責任を他に転嫁しやすいということになりますが、それが事実かどうかではなく、誰も損失を補填してはくれないということのほうが重要です。それがビジネスというよりも、お金の厳しいところで、お金が自分の手から離れたら、もう自由にはならないものです。そのことを考えて慎重に新築物件や中古物件も考えるべきでしょう。

とくに新築物件は購入してしまうと、それを壊して新しく建て替えるわけにもいきませんし、その物件をうまく運用するしかありません。最悪自分が住むとか、親戚や知り合いに住んでもらうとかの方法も手を打ちながら購入するのが良いのではないかと思います。またその物件の管理面もきちんと計画を立てておかないと、後で収益を圧迫したりします。新築の場合は入居者が入りやすいので、最初は良いでしょうが、それを維持していく事のほうが難しいのだと思います。維持できれば収益も安定します。

Copyright (C)2018賃貸でメリットを感じたストーリーとは.All rights reserved.