賃貸でメリットを感じたストーリーとは

新築賃貸を退居するときに注意することは、部屋に残った傷や汚れが目立つ形で残ってしまうことです。

賃貸でメリットを感じたストーリーとは

新築賃貸の部屋はできるだけ丁寧に使いましょう。

新築賃貸のお部屋を借りるのはとても気持ちがいいものです。身の回りが全て新しく、綺麗でピカピカです。でもここで注意したいことがあります。それは傷つけない、汚れを残さないことです。お部屋を借りるときに管理人さんから注意があると思いますし、そこでこう言われるはずです。「退居する場合はお部屋の傷や汚れ、故障などがないかチェックします。部屋の状態によってはクリーニング代として幾らか頂戴します。余ったお金は返却しますので」と。

傷や汚れは気をつければそこまでひどくならないでしょう。しかし注意したいのはここが新築賃貸のお部屋だということです。仮に二年の契約が切れて退居するとしましょう。真新しい部屋を使ったわけなので、傷やちょっとした汚れが発見されやすいのです。よって自分に覚えがなくても、必要なクリーニング代や修理代を出さなければいけないのです。ちょっと理不尽な気もしますが、もしこれが中古だとすると、何年もかけて変色した、とか形が変わったとか、自然現象が考えられる場合、お金を払う必要はない可能性が出てきます。

このように新築は気持ちよく使えるが、時としてクリーニング代を多く取られることがあります。敷金礼金の中から修理代として引かれ、余ったら手元に戻ってきます。次の人のためにも綺麗に使用することを心がけた方がよさそうです。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸でメリットを感じたストーリーとは.All rights reserved.